子宮内膜症の治療、妊娠、そして再発・・・

  • 布ナプキンの使い方

子宮内膜症の予防

子宮内膜症の予防には・・・

子宮内膜症の原因はこんなに医療が発達した現在でも謎とされています。
色んな説がありますが、決定的な原因というのはわかっていません。

しかしながら、女性ホルモンが関係しているということは素人でも容易に想像することができます。

では、その女性ホルモンをどうすれば子宮内膜症を予防することができるのでしょうか?

予防

いくつかの方法が考えられます。

◆体の冷えを無くすこと

◆エストロゲンの材料となるものを摂り過ぎないこと

冷えについては、東洋医学的にも良くないとされています。
このことについてはまた別の記事にしたいと思います。

エストロゲン

エストロゲンは、女性らしい体をつくるホルモンと言われています。
つまり、豊かなバストやウェストのくびれを作り、コラーゲンや骨の生成をサポートします。
そして、全身の新陳代謝を促進してくれるのもエストロゲン。

こうやって効果を並べてみると、エストロゲンって凄いって思いますよね。
そうです。凄いんです。
女性らしさを司る大事なホルモンですからね。

しかし、このエストロゲンが生理痛の原因というのは前にも書いた通りです。

エストロゲンは妊娠に備えて赤ちゃん用のベッドを作ります。
もしエストロゲンが過剰分泌されると・・・
この、赤ちゃん用のベッドのシーツが何重にも重ねられてしまいます。
そして、妊娠が起こらなかったとき・・・

この何重にも重ねられてしまったシーツを入れ替える作業をしなければなりませんね。
この作業がとっても重労働ということです。

つまり、エストロゲンの分泌量を正常に保つことが最も重要なのです。

エストロゲンの分泌量を正常に・・・

では、エストロゲンの分泌量がなぜ過剰になっているのでしょうか?
一つには、生理が始まる年齢が若年化しているということ。
そして、妊娠する年齢が遅くなってきているということです。
つまり・・・
妊娠するまでの生理の回数が増えているということですね。

それだけではありません。

最も重要なポイントは食物です。

食の欧米化!!
全てはこの一言に尽きると思います。

戦後、食の欧米化により日本人の食べるものが急激に変化しました。
その結果、日本人が古来から食べていた野菜や穀物の摂取量が減り、反対に動物性の脂肪を沢山摂取するようになりました。

これこそがエストロゲンの過剰分泌の原因です。

ホルモンバランスを正常に保つための食事については、
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
に詳しく書かれています。

食事に気を気を遣っているというあなたにとっても参考になると思います。
是非、お手に取ってじっくりと読んでみてください。

>>子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!<<

今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ
にほんブログ村

 - 子宮内膜症, 食事 , ,

  関連記事

豆乳を飲んだら生理が・・・

ブログ読者のHさんからメールを頂きました。 豆乳を飲み始めたら生理が止まったとい …

不正出血の日々・・・

【生理前に不正出血】 半年ほど前から不正出血するようになりました。 生理の前に2 …

牛乳やめました!!

【牛乳が大好きです】 実は私、牛乳が大好きです。 牛乳嫌いな女性って本当に多いで …

イソフラボンは摂りすぎると危険?

先日、20代のAiさんという方からメールを頂きました。 実は私も生理痛に悩まされ …

子宮内膜症の症状を知ってください

子宮内膜症の痛み 子宮内膜症の症状は発生した場所や大きさによって様々です。 です …

子宮内膜症の治療方法2

子宮内膜症の治療方法として、Gn-RHアナログ剤と同じくホルモン療法ですが、 ピ …

レバー状の塊が出たら要注意?

先日、30代前半のAkiさんからメールを頂きました。 実は、レバー状の塊について …

排卵障害を引き起こす食品?

たまたまFacebookを見ていた時に、気になる記事を発見しました。 その記事は …

低用量ピルの副作用

低用量ピルはとっても危険? 子宮内膜症や子宮筋腫の治療方法として、低用量ピルを服 …

体質改善した方が良いかな?

最近、生理痛がまたまた酷くなってきたこともあり・・・ 本気で体質改善した方がよい …