子宮内膜症の治療、妊娠、そして再発・・・

  • 布ナプキンの使い方

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)って何?

卵巣嚢腫とは?

卵巣嚢腫というのは卵巣の中にできる腫瘍の一種です。

腫瘍と言っても、卵巣嚢腫は良性の腫瘍です。
腫瘍というと、癌を思い浮かべる人が多いと思いますが、卵巣嚢腫は癌ではありません。
卵巣にできる腫瘍の9割以上が良性腫瘍であり、その中でも最も番多いのが、卵巣のう腫です。

卵巣嚢腫の種類

卵巣嚢腫の中にも幾つかの種類があります。

 ・類皮のう腫(奇形腫)・・・髪の毛や歯、骨、皮膚などが含まれているもの
 ・チョコレートのう腫・・・子宮内膜症が原因で起こる
 ・漿液性のう腫・・・卵巣の表面をおおう上皮から発生し、中にサラッとした液体がたまる
 ・粘液性のう腫・・・ゼラチンのようにドロドロした粘液がたまる

卵巣のう腫は若い人にも多いのが特徴です。
類皮のう腫は、10代、20代の若い女性にも多く、チョコレートのう腫は30代、40代に多く見られます。

私の場合は20代後半でチョコレート嚢腫が発見されました。

卵巣嚢腫の原因と予防

では、どのようなことが原因で卵巣嚢腫が起こるのでしょうか?
卵巣嚢腫の原因とは一体何なのでしょうか?

実は、現代医学をもってしても卵巣のう腫ができる原因は未だにハッキリとは解明されていません。
ですから、原因から予防方法を考えるのは難しいと思ってください。

ただ、ホルモンバランスや血行不良が関係しているのではないかということを多くの専門家が訴えています。

つまり、生活習慣の乱れによってホルモンバランスが乱れ、
ホルモンバランスの乱れにより卵巣に影響を与えると思われています。

また、血液の流れが悪くなることで卵巣機能に支障をきたし、のう腫ができると考える専門家もいます。

どちらにしろ、これらはあくまでも仮説です。
本当にこれが原因なのかは分かりません。

しかし、乱れた生活習慣をしていたり、血行不良の状態というのが体によくないのは確かです。

健康的な生活を送ることは全ての病気の予防にも繋がります。

ですから、これを機に生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 - 卵巣嚢腫 , ,

  関連記事

卵巣嚢腫は再発する?

婦人科系の病気の場合、生理が無くならない限りは再発の恐れがある・・・ そう聞いた …